当サイトは脱毛サロン比較サイト「脱毛GO!」です

脱毛GO!話題の脱毛サロンを徹底比較

ヘルペスに感染して症状なくても脱毛はできない?

更新日:

ヘルペスに感染して症状なくても脱毛はできない?

サロンやクリニックで脱毛をする人は増えています。

女性としてムダ毛があるのはどうかと思いますし、自己処理を続けることによる肌トラブルも深刻化していますから、プロに脱毛してもらうのは良いことだと言えるでしょう。

しかし、脱毛はどんな人でもできるかというと、そんなことはありません。やはり、脱毛のできない人というのもいるのです。

脱毛ができない条件というのはいくつかあるのですが、ここでは比較的身近な感染症である「ヘルペス」に着目してみましょう。

ヘルペスに感染している人は、脱毛をすることはできるのでしょうか。

ヘルペスってどんな病気?

ヘルペスという言葉を聞いたことがありますか?ヘルペスは決して珍しいものではないので、恐らく名前くらいは聞いたことがあるでしょう。

とはいうものの、具体的にどんな病気なのかは知らない人もいるかもしれませんね。まずはヘルペスという病気について、簡単に説明していきましょう。

ここでいうヘルペスは

口唇ヘルペス

性器ヘルペス

のことを指します。

いくつかあるヘルペスの中でも、誰でも感染する可能性のあるものですね。これらのヘルペスは、単純にヘルペスウイルスに感染することで発症します。

口の中に感染すれば口唇ヘルペス、性器に感染すれば性器ヘルペスです。

口唇ヘルペスが性器に感染することもありますし、その逆で性器ヘルペスが口に感染することも。

性交渉やオーラルセックスなどの行為で感染することが一般的です。目立った症状としては、水ぶくれができて痛みやかゆみを感じます。

女性が性器ヘルペスを発症すると、痛みで排尿困難になることもあるのだとか。抗生物質などの飲み薬で症状は落ち着きますが、これで完治したわけではありません。

実は、「完治しない」というのが、ヘルペスの特徴でもあるのです。そうです、ヘルペスは一度感染してしまうと、完治することはありません。

症状は治まっていても、ウイルスを完全に除去することは、今の医学ではできません。

なぜなら、ヘルペスウイルスは神経細胞の中にとどまり、免疫が低下した隙を狙って悪さをするものだからです。

身近な感染症ではありますが、一度かかると常に体内にはヘルペスウイルスがいることを忘れずに。

ヘルペスの症状があるうちは脱毛はNG

ヘルペスは感染症ですから、もちろん症状が出ている間(水ぶくれがあるとき)は脱毛することはできません。

たとえ隠していても、水ぶくれはかなり目立ちますから脱毛を断られるでしょう。これは、サロンの利用者(ヘルペス感染者)と施術者、または他の利用者に移るのを防ぐため。

万が一ヘルペスなどの感染症にサロンで感染したとなれば、それはサロンの信用問題にも関わることになるでしょう。

信用の点からサロンが風評被害を受ければ、最悪の場合は損害賠償になる、なんてことも。

また、感染中は免疫も低下しているので脱毛による刺激も受けやすく、思わぬトラブルを招く可能性もあります。

もともと脱毛は刺激の強いものなので、想像以上の刺激を受けてしまうこともあるんですよ。

火傷のような赤みやかゆみだけでなく、ケロイドのような跡ができてしまったという人もいます。

ヘルペスは非常に感染力が強いので、感染しているのならやはり脱毛はするべきではありません。

さて、ここで気になることは、「症状が出ていないときならどうなの?」ということでしょう。

先程お話したように、ヘルペスは治ることはありません。しかし、症状が完全に治まっているときなら脱毛をすることは可能です!

ヘルペスは見た目が治っていても感染力がある場合もあるので、きちんと医師の診断を受けることをおすすめします。

参考までに、ヘルペス発症から治癒するまでの期間は、初めての発症の場合は2~4週間、2回目以降の再発の場合は1~2週間となっています。

あくまでも目安ではありますが、この期間は念のため脱毛の予約は入れない方がいいでしょう。

早くきれいになりたい!

ムダ毛をなくしたい!

という気持ちは分かりますが、万が一移してしまったら大変なことになります。逆の立場だったらどうですか?

誰かがヘルペスを隠していたせいで自分が感染してしまったら、とても嫌な気持ちになるでしょう?

それと同じですから、ヘルペスの水ぶくれが治った直後は避けましょうね。ここらへんは人としてのマナーやモラルということになりますが、きちんと守っていきましょう。

まとめ

ヘルペスは強い感染力を持っているので、まずはきちんと治癒することが大切です。完治はしないとはいえ、常に症状が出ているというわけではありません。

ヘルペスだけではありませんが、なにかしらの感染症に感染しているときというのは、免疫力が低下しているときです。

免疫力が低下しているときに脱毛をして、ひどい炎症を受けてしまったということもあり得るんですよ。

きれいになるための脱毛で、肌に取り返しのつかないトラブルを負ったのでは元も子もありません。

同じように脱毛をしに来る他の利用者のため、そして自分のためにも、ヘルペスの症状があるうちは脱毛はしないようにしてください。

当サイトで人気の全身脱毛サロンランキング

1位キレイモ2位銀座カラー3位脱毛ラボ

-脱毛前の悩みトラブル

Copyright© 脱毛GO!話題の脱毛サロンを徹底比較 , 2018 All Rights Reserved.